Top > 日本語化

日本語化について

GUIの日本語化について。
Ver4以降は公式で日本語は含まれていないが、有志の方々が作成・公開されている言語ファイルを用いて導入することができる。

公開されている言語ファイル

Nipsu氏による言語ファイル

Ver.3.8以降の言語ファイルを公開されている。
以下よりダウンロード。

http://lwoaa.web.fc2.com/patch.htm

ページ下部より該当バージョンのファイルをダウンロード。

j65okvm氏による言語ファイル

Ver.6.0以降の言語ファイルを公開されている。
以下ブログ記事よりダウンロード。

Ver.6.x用
http://j65okvm.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
Ver.7.x用
http://j65okvm.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

他・有志による言語ファイル

自己責任で利用のこと。

Ver 6.0 日本語言語ファイル一式
fileCIS_6.0_jp_20130111(610氏).zip
Ver 6.2暫定対応 日本語言語ファイル一式 & 日本語追加レジストリファイル
fileCIS_6.2_jp_20130622.zip
fileCIS_6.2_jp_20130624.zip

※補足事項

適用方法

%ProgramFiles%\COMODO\COMODO Internet Security\Translations

言語ファイルを上記ディレクトリに置く。

Version 5.xの場合
ナビゲーションバー[More] ⇒ [Preferences] ⇒ [Appearance]タブ ⇒ [Language:]リストボックスから[日本語 - by Community]を選択。
設定後、アプリケーション(CIS)の再起動を要求されるので[Yes]
Version 6.xの場合
[Advanced Setting] ⇒ [General Setting]-[User Interface] ⇒ [Language:]リストボックスから[日本語 - By Community]を選択。
アプリケーションの再起動後有効になるとの表示があるので、タスクトレイアイコンから[Exit]で終了させ、再度起動する。

自ら翻訳し言語ファイルを作成したい方へ

COMODO Forum: Comodo - CIS 6.x Localizations (incl. CCE/KS/Autoruns)

言語ファイル(.lang)は中身はXMLのリソースファイル。
英語の「*.english.lang.template」ファイルを元に地道に翻訳していく。
ちなみに日本語(Japanese)のロケール識別子(LCID)は「1041」

基本的に「value」や「caption」属性の値の文字列だが、ボタンなどのGUI部品では必要に応じて位置・サイズを「position="X, Y, W, H"」にて調整する必要がある。
Forumの上記Topicの「Comodo MultiLanguagePack 1.1」からリソースエディタやユーザーガイドが入手可能。
各言語の最新版は同Topicで随時投稿されている。


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 名前変更   検索 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS