Top > 10.x > 各種設定 > 仮想化設定
*仮想化設定(Containment) [#e174bfe6]
&color(#ff0000){&size(28){※画像は初期値を掲載しています};};
#contents

**仮想化設定 [#n46d227a]
#ref(CON1a.png,nolink)
-指定したファイル/フォルダーのアクセスを仮想化しない
--指定したファイル/フォルダーには直接アクセス可能になります、システムフォルダー等を指定しないよう注意すること
-指定したレジストリキー/値アクセスを仮想化しない
--指定したレジストリキー/値には直接アクセス可能になります、安全のためOFF推奨
-サンドボックス内にインストールされているサービスのの自動起動を有効にする
--初期値のON推奨、OFFにする理由は特にない
-仮想化アプリケーションの画面をハイライトフレームで表示する
--初期値のON推奨、OFFにすると区別がつきません
-高い権限を必要とするプログラムを検出する(例: インストーラーまたはアップデーター)
--初期値のON推奨、動作の区別がしやすくなる
-権限昇格の警告を表示しない
--初期値のOFF推奨、ただしシーンによって使い分ける
-仮想デスクトップをパスワードで保護する
--お好みで、共有PCの管理者が設定する項目か

**自動仮想化 [#sca86d8d]
#ref(CON2a.png,nolink)
-自動仮想化を有効にする
--お好みで、ONにすると不明ファイルは100%隔離でき安全だが、常時ONだと管理に手間がかかります

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 名前変更   検索 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS